株式会社プラス

SEの仕事とは?

SEの役割は、お客様とシステムとの間の橋渡しです。
お客様の要求をシステムで実現するための具体的な手段を提案し、 お客様の確認を取りつつ設計書を作成します。
また、作成された設計書どうりにシステムが作成されるよう、実装作業を指導します。
SEは、開発工程に応じて、お客様への提案(要求分析・要件定義の段階)と 実装チームの指導(プログラム設計・開発の段階)の双方の役割をこなします。

要求分析・要件定義

SEの役割は、お客様とシステムとの間の橋渡しです。

要求分析・要件定義の段階で一番大事なことは、お客様の要求を深く理解することです。
要求は元々は抽象的なものですが、SEは調査・分析を通して要求を具体化させ、 システムとして実現可能な状態に落とし込み、基本設計書としてまとめていきます。
また、お互いに誤解が起こらないよう、お客様とのレビューも欠かせません。

プログラム設計・開発

プログラム設計・開発の段階では、SEは開発チームのリーダーとしての役割が中心となります。 決められた期間内に、仕様どおりのプログラムが作成されるよう、作業をコントロールします。
また、各種レビューにレビューアとして参加して品質の確保に努めます。